高血圧や糖尿病の生活習慣の改善スッキリ解決@奈良
HOME>メタボリックシンドローム

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは?
メタボリックシンドロームとは?

肥満、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満(内臓脂肪型肥満)が原因で様々な病気をひき起こしやすくなった状態をメタボリックシンドロームと言います


厚生労働省による「平成18年国民健康・栄養調査」によると、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)が強く疑われる者と予備群と考えられる者を併せた割合は、男性では30歳代の約20%から40歳代で40%以上、女性では30歳代の約3%から40歳代で10%以上となり、男女とも40歳以上で特に高い結果となりました。
メタボリックシンドロームが問題視されるのは、心筋梗塞などの心疾患を起こす危険性が非常に高いことが指摘され、糖尿病、高血圧、高脂血症など多くの疾患に、非常に大きな影響を及ぼしているからです。

メタボリックシンドロームの危険性

メタボリックシンドローム』の人は、動脈硬化の危険因子である「肥満症」、「高血圧」、「糖尿病」、「高脂血症」を重複して発症していることがあります。最近の研究で、これら危険因子の重複により動脈硬化のリスクが高くなることがわかってきました。


1+1=10倍

日本の企業労働者12万人を対象とした調査では、軽症であっても「肥満(高BMI)」、「高血圧」、「高血糖」、「高トリグリセライド(中性脂肪)血症」、または「高コレステロール血症」の危険因子を2つ持つ人はまったく持たない人に比べ、心臓病の発症リスクが10倍近くに、3~4つ併せ持つ人ではなんと31倍にもなることがわかりました。
このように、たとえ異常の程度は軽くても複数の危険因子が重複しているケースでは、動脈硬化が起きやすいのです。


「ウエスト+2項目」でメタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームの診断基準では、内臓脂肪の蓄積が必須条件と位置づけられ、他の3つの項目のうち2つ以上を満たしている場合に「メタボリックシンドローム」と診断します
具体的には、内臓脂肪の蓄積はウエスト径で判定し、男性85cm以上、女性90cm以上を基準値としています
この数字は、腹部CT画像で精密に内臓脂肪を測定した場合、断面積100c㎡に相当します。

子供にも広がるメタボリックシンドローム
子供にも広がるメタボリックシンドローム

最近、肥満気味の子どもが増えているようです。
30年前と比べると約2倍に増え、約10人に1人が肥満児であるといわれています。これは、脂肪の多い食事、いつでも買い食いができる環境、不規則な生活、運動不足などが原因としてあげられます。
子どもの肥満の約70%は成人肥満に移行するといわれています。また、高度な肥満では、小児期からでも糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病を合併するのです。そこで、このほど厚生労働省の研究班より、6~15歳を対象とした「メタボリックシンドローム診断基準」が作られました
メタボリックシンドローム対策は、子どもでも必要なのです。

メタボックシンドロームを改善するために
このような生活は改善しましょう
  • 食事は満腹になるまで食べる
  • 間食をよく取る
  • 料理に砂糖をよく使う
  • 濃い味付けが好き
  • 緑黄色野菜をあまり食べない
  • アイスクリームを好んで食べる
  • 普段から階段を使うことが少なく、エレベーターなどに乗ってしまう
  • 運動の習慣がない
  • ストレス解消にお酒を飲むことが多い
  • タバコを吸っている
ちょっとした時間を無駄なく活かす
街の中は無料のジム

運動を毎日のライフスタイルに組み込むと、案外、簡単に 実行することができます。
階段や坂道やまわり道は、まるでジムのようではありませんか?街の中は無料のジムです。通勤時に、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使う、バス停一つ分歩いてみるなど、身近なところ始めてみましょう。


通勤時間を「運動時間」に、目安は「1日1万歩」

厚生労働省の「健康日本21」によると、健康維持に最適な運動消費カロリーは1週間で2,000kcal、1日あたり約300kcalといわれています。
体重60kgの人が時速4km(やや早歩き)のペースで、歩幅70cmで10分間歩く(700m、1000歩)ときの消費エネルギーは約30kcalになります。1日300kcalを消費するには、1日で1万歩を歩けばいいわけです。これでしたら、毎日の通勤でクリアできると思いませんか。


リラックスタイムも有効活用

テレビを見ながら自転車を1時間こいだ場合、約300kcalのカロリーを消費することができます。
また膝に障害がありウォーキングが無理という方でも、自転車こぎは膝に負担なく運動することができるのでオススメです。