高血圧や糖尿病の生活習慣の改善スッキリ解決@奈良
HOME>糖尿病

糖尿病のQ&A

糖尿病のQ&A
なぜ糖尿病になるのですか?
「インスリン」というホルモンに深く関係しています。
食事をした後、腸から吸収されたブドウ糖は血液中から脳や筋肉などの細胞へ入り、私たちが活動するのに必要なエネルギー源となります。
細胞内にブドウ糖を取り込むのに必要なホルモンが「インスリン」です。
このインスリンの働きが悪くなったり(「インスリン抵抗性」といいます)、体内で作られなくなったり、作られても量が少なかったりして細胞内にブドウ糖をうまく取り込めなくなると、ブドウ糖は血液中にとどまり、血糖値(血液中のブドウ糖の量)が高くなってきます。
血糖値が高い状態を「高血糖」といい、これが糖尿病の状態です。
糖尿病は治るの?
残念ながら糖尿病は完全には治らない病気です。
しかし、医師の指示通りに治療をして血糖値をコントロールすれば、健康な人と同じ日常生活を送ることができます。
糖尿病は尿に糖が出てくる病気ですね?
糖尿病とは、血液中に含まれる「ブドウ糖」という糖が多くなる病気です。
血液中のブドウ糖の濃度が一定の値を超えると、尿にブドウ糖がでてきます。しかし、 糖尿病の人全員の尿に糖が出るわけではありません。
尿に糖が出ない糖尿病の人もいます。また、腎性糖尿など、糖尿病でないのに尿に糖が出ることもあります。
糖尿病とは、「尿に糖が出る状態」と言うよりも「血液中のブドウ糖が健康な人よりも高い状態」のことなのです。
糖尿病の自覚症状は?
糖尿病の初期には自覚症状はほとんどありませんが、高血糖状態が長く続くと次のような症状があらわれてきます。
  • のど、口の中が渇き(舌が乾く)、水分を多く取るようになる。
  • 尿の回数が多くなり、量も増える。
  • 空腹感が強くなる。
  • 体重が急に減り、疲れやすくなる。

さらに糖尿病が進行すると
  • 手足がしびれたり、皮膚がかゆくなったりする 。
  • ものが見えにくくなる(失明する場合もある)。
  • ちょっとした傷が化膿しやすくなる。
糖尿病の合併症にはどんなものがありますか?
「糖尿病の3大合併症」と呼ばれるものは、目の病気(糖尿病網膜症)、腎臓の病気(糖尿病性腎症)、神経の病気(糖尿病性神経障害)の3つです。
どれが最初に出てくるかと言う順番はありませんが、これらの合併症の初期には尿にタンパクが出てきたり、両足の裏がしびれて、足の裏に膜がはったみたいな感覚がしたりします。
さらに糖尿病のコントロールが悪い状態が続くと、最終的には目が見えなくなる、透析を受けなければ生きていけなくなる、痛みを感じなくなるのでやけどやケガをしても気づかず重症化するなどといった重大な状態に至ることもあります。
その他の合併症として、太い血管の病気(糖尿病性大血管障害)があります。脳梗塞、心筋梗塞のもとにもなり、足の血管が詰まってしまい足を切断せざるをえなくなったりするのです。
また、神経障害も感覚神経だけでなく、運動神経や自律神経(体の調子を調節する神経)などにも影響が及んできます。こむらがえり(足がつる)をおこしたり、内臓の働きが悪くなり下痢・便秘・排尿困難などを起こす原因です。
このような合併症の発症・進行を食い止めたい方は、血糖のコントロールにしっかりと取り組むことが重要です。